大変でも仕事を続ける理由

プログラミングの仕事では残業が多い傾向にあるが、それでも意欲的に働き続けているプログラマーは少なくない。彼らがハードな仕事でも続けられているのには理由がある。その一つには、プログラミングの仕事は技術を極める面白さがあることが挙げられる。難しい課題もアイデアで乗り越えることができたり、工夫で効率を格段にアップさせることも可能である。難しい難問をクリアした時の喜びは大きく、その喜びをまた味わってみたいと仕事に夢中になるエンジニアたちが大勢いる。またその他にも、残業して多くの仕事経験を積む事でスキルアップし、収入が安定する魅力がある。仕事は忙しいものの、多くの開発業務を経験すれば着実に実力が身に付く。するともっと収入の良い仕事に挑戦したり、安定して仕事ができるようになる。特に若いプログラマーたちは早く仕事のノウハウを覚えてエンジニアとして独り立ちできるほどの実力を身に付けたいと考えている。

ただし、開発の仕事に魅力を感じて残業のハードワークを続けていると、過労に陥るリスクには十分に注意しなければならない。本人が進んで仕事に取り組み熱中していると心身の疲労も気にならない。しかし体には確実に疲労が溜まっていて、いずれ限界を超える時がやって来る。本人に仕事のやる気はあっても、体を壊して離職しなければならないケースは業界内でよくある。そのためたとえ開発の仕事が面白くとも、仕事量をセーブする心掛けが欠かせない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です